バンコクポスト紙に記事が掲載されました。”Powerhouse province to get condos at last”

LINEで送る
Pocket

2013年8月29日付けのバンコクポスト紙に弊社記事が掲載されました。
sky river ocean

-以下記事の意訳-

オリジン・プロパティーがサムットプラカーンの地元の人々や自動車関係の幹部、重役などのニーズを満たす施工費15億バーツ高級コンドミニアム(分譲マンション)の販売を始めます。


ディレクターのピラポンによると高層コンドミニアムはサムットプラカーンで不足しており2010年の同県のGPP(県民総生産)は7,000億バーツで2,2兆バーツのバンコクに続いて2位です。

多くのデベロッパーはチェンマイやコンケーン、ウドンタニなどGPPランクがトップ10の県にプロジェクトを選定しています。

「他社は県民総生産2位の力をサムットプラカンを見落としている」ピラポンは続けます。
サムットプラカーンの産業はかつての港運と漁業から自動車産業にシフトしつつあり、この県にはトヨタ、いすゞ自動車、本田モーターサイクル、日野自動車の工場を抱えています。

また、日本人の駐在員 重役がトンローやエカマイエリアからバンナー~BTS延伸エリアに移ってきています。

サムットプラカンで資金力のある人物はコンドミニアムの選択肢はない。他は現時点では大量輸送システムのないシーナカリンロードの一戸建て程度です。

ナイツブリッジ”スカイ リバー オーシャン”は2017年開業予定のBTSサムットプラカーン駅(E19)から200メートルに位置する1ライのプロジェクトです。32階建てで436ユニットの予定、すべてのユニットからチャオプラヤーの眺めを楽しむことができます。

ユニットの面積は25~60㎡、平米単価70,000~80,000バーツで179万~400万バーツで売り出します。
9つのペントハウスは100~120㎡で1,000万バーツから売り出し予定です。

このプロジェクトは10月までに販売を開始し、同県の高級コンドに対する高い需要から販売に自信を持っており6か月で売り切りたいとのことです。

建設開始は来年の第二四半期で2016年に完成予定です。

BTSスカイトレイン等大量輸送交通システムに近いコンドミニアムの価格は毎年上昇しており、購入者にとって資産になります。

オリジン・プロパティーの調査によると過去5-7年でオンヌットエリアの平米単価が1㎡あたり50,000バーツから120,000バーツに上昇しており、トンブリーでは60,000バーツから120,000バーツに上昇しています。

2013年の8か月の間 オリジンはバンナー/ベーリンエリアに施工費20億円の5つのプロジェクトを開発し70パーセントは販売済で今後は5-7プロジェクトを総施工予算40億円で5-7のプロジェクトを開発予定である。

ホーム| |プロジェクトリスト| |会社概要| |最新ニュース| |イベント情報| |メディア情報|

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: メディア情報