バンコクポスト紙にオリジン社が紹介されました。”Origin trails skytrain to presales success”

LINEで送る
Pocket

[2014年5月22日(金)]
2015年5月20日付けのバンコクポスト紙に弊社を扱った記事が掲載されました。

タイ不動産カテゴリー bangkokpost

バンコクポスト記事





CEOがインタビューを受けました。以下意訳いたします。

“オリジンはプリセールの成功へスカイトレイン(開発)の後を追う”


低層コンドミニアム開発業者、オリジン社は2018年までに現在の販売実績とプロジェクトの価値を2倍にすることを目指しており、次の四半期に事業拡大のためにタイ株式市場上場を行う計画です。

「タイ人若年層と海外顧客の居住及び投資の需要の伸びが会社の目標達成のための一助となっております。2012年の20億バーツの売上から2013年は25億バーツ、2014年は55億バーツと売上を伸ばしました。」主要株主でありかつディレクターのジャルーンエーピラポン氏は述べております。

オリジン社は43.6億バーツの不動産登記を控えたユニットを抱えております。

オリジン社のプロジェクトの多くはスカイトレイン路線の半径1キロ以内に位置しており居住にも不動産投資にも適しています。今後バンコク及び郊外の既存の3路線及び計画されているBTS,MRT駅近くに10プロジェクト程度の新プロジェクトの開発を行う予定であるとピラポン氏は述べております。

「オリジン社は職住接近を望む層の高い需要を賄うために工場地帯エリアの開発を進めることを既に発表しております。
工業団地に近い居住用コンドミニアムは、将来の弊社の成長ための大きなポテンシャルを持っていると思っています。」

「オリジン社は競争が少なく実際に居住の需要をもつブルーオーシャンエリアの投資先を求めています。
低層コンドミニアムの開発は集中した建設工事により12-14か月以内に完成させることができます。」


「私たちは有名な建築資材やデコレーションのブランドを使用し、供給会社から廉価な価格で提供してもらえるように努力しています。
このことがお客様に弊社の物件の購入を決定させることを促しており、この3年の間に約2倍になった販売実績に結び付いています。」

「私たちのプロジェクトはラグジュアリー、ブティック、モダン、エコと4つのカテゴリーにより集約されます。」

「全体の顧客の9割はタイ人顧客であり、外国人は相当数の日本人、他シンガポール人、中国人などがいます。今年後半のAEC発足に合わせ、購入者の多様性を求め海外顧客購入者の割合を現在よりも上げてゆきたいです。」

オリジン社の営業利益は5億5千900億バーツであり2014年の純利益は7,030万バーツでした。純利益率は43%です。

上場計画によりオリジン社は最初に公開株式として1億5,000万バーツを割り当てる予定です。幹事証券会社はカシコーン証券が指名されております。
オリジン社は額面価格1バーツで合計2億2千百万バーツを支払い済です。


詳細は以下リンクをご覧くださいませ。
http://www.bangkokpost.com/business/news/566707/origin-trails-skytrain-to-presales-success


バンコク郊外のスカイトレイン延伸ライン/MRT延伸ラインのコンドミニアム価格上昇
●サムットプラカーンのご紹介
AEC(ASEAN経済共同体)がもたらすメリットと課題


ホーム プロジェクトリスト 会社概要 メディア情報 お問い合わせ

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: ニュース, メディア情報