【22日追記あり】バンコクポスト紙記事の紹介 タイ政府の住宅減税発表のニュース ”Cabinet approves tax, fee cuts for home buyers”

LINEで送る
Pocket

[2015年10月14日(水)]
2015年10月13日付けのバンコクポスト紙記事をご紹介致します。

画像はバンコクポスト紙より

画像はバンコクポスト紙より



(以下抜粋意訳)

タイ政府は13日に開催した閣議にて住宅市場を活性化するための政策を策定し閣議承認致しました。
その内容は
・2016年3月まで住宅の登記時の譲渡手数料を従来の2%より0.01%に変更
・2016年3月まで抵当の登記手数料を1%から0.01%に変更
・来週月曜より1年間(タイ人向け)政府住宅銀行(GHB)の新プログラム、特別住宅ローン
・住宅初所得の個人への所得税控除

これは主にミドルクラスから低所得者にむけた減税で購入意欲を高めるテコ入れをなると思われます。特に特別住宅ローンについては住宅ローンの申請却下の割合を減らしGHB(政府住宅銀行)は100億バーツの与信枠を設け与信審査の緩和も行います。
タイ コンドミニアム協会のテードゥンヤサーティット会長はこの政策が2015年Q4の住宅マーケットを約20-30%上昇させることを期待しています。

*複数の新聞/ニュースの当該記事によりますと発表の詳細が錯そうしているので今後変更/修正がある場合があります。



追記(2015年10月22日)
GHB(政府住宅銀行)が募集を始めた特別住宅ローンは初日の19日のみで2000人を超える申し込みがありました。GHBの特別ローン利用の主なターゲットは100万バーツ~150万バーツの物件でありこの動きを受けて各銀行の貸し出しは伸びるであろうとソムキット副首相は述べています。また、上記で述べている所得税控除は300万バーツ未満のコンドミニアムを始めて購入する個人に対し所得費用の最大20%までを控除するという内容となっており、今までの先行き不透明な経済状況から特に低~中所得者に対し購入意欲を刺激し不動産マーケットの拡大を狙っています。

記事元
http://www.bangkokpost.com/news/general/728176/cabinet-approves-tax-fee-cuts-for-home-buyers

http://www.bangkokpost.com/most-recent/728640

弊社プロジェクトの大多数が300万バーツ以下であり、社名の「ORIGIN」の名前の通り、タイ人のバンコク及び近郊で初めてコンドミニアム購入を行う層が弊社のマスのターゲット層なのでこの政策発表は弊社にとってとても大きなメリットがあります。上記第一項の譲渡手数料に関しましては外国人も適用されますので登記が近い方にはとても大きなメリットです。
先のクィーンシリキットコンベンションセンターでのハウス&コンドショーでは4日間終日盛況で特に値ごろ感のあるBリパブリックの販売が好調でした。
今後の活発な不動産取引が期待されます。



●バンコク郊外のスカイトレイン延伸ライン/MRT延伸ラインのコンドミニアム価格上昇
●バンコクポスト紙記事の紹介 ”Skytrain to Samrong possible by early 2017″
●10月8-11日 第33回ハウスアンドコンドショー出展のお知らせと初日の様子


ホーム プロジェクトリスト 会社概要 メディア情報 お問い合わせ

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: ニュース, メディア情報