オリジン社、プラウド・レジデンス社を買収  バンコクポスト紙記事の紹介 Origin Property targets top five

LINEで送る
Pocket

[2017年5月23日(火)]
2017年5月20日付けのバンコクポスト紙記事をご紹介致します。

(以下意訳 リンク/括弧書きはオリジン社による )

SET上場企業 Origin Property Plc(ORI オリジン・プロパティー PLC)はタイのTOP5不動産デベロッパーになることを目指しています。
40億バーツでLiptapanlopファミリーが所有する高級コンドミニアム・デベロッパー、Proud Residence(プラウド レジデンス)を買収する計画を発表しました。

OriginのCEO,Peerapong Jaroon-ek氏は”3月末の時点で約140億バーツの販売在庫を持っており、2017年売上は昨年比88%上昇の60億バーツなることを見込んでいます”と述べました。

一方、Proud Residenceはバンコク都心部スクムビットソイ24、12.5ライの敷地にパーク24プロジェクトのみで約110.5億バーツの販売在庫を持っております。パーク24は事業規模170億バーツの高級コンドミニアム(とascott運営のサービスアパート)プロジェクトで2つの販売フェーズ、合計5棟、2076ユニットから構成されるプロジェクトです。

60億バーツ規模の最初の販売フェーズでは、既に74%が販売済です。2017年第4四半期に建設工事が完了し、購入者の所有権移転がなされる予定です。

”オリジン社の株主が7月12日に開催される臨時株主総会でProud Residenceの買収を承認すればオリジン社の売上は2017年から2020年の間に急激に伸びることが期待されます”とPeerapong氏は述べました。

オリジンの総利益率45.3%と純利益率19.9%は業界の中でそれぞれ1位と3位です。
今年第一四半期のオリジン社の市場資本化率はSET上場の住居を扱うデベロッパーの中で9位です。

”Proud Residenceの買収後、この5年で最高級クラスのコンドミニアム開発のポートフォリオを30%に引き上げることを目標としています。”

”この買収はオリジンが(バンコクの)高級コンドミニアムのセグメントに参入し、新規の外国人バイヤーや(日本を含めた)海外の事業パートナー、大口投資家層といった新しいマーケットへ拡大していく助けとなるでしょう。”
とPeerapong氏は述べました。

現在パーク24コンドミニアムの49%の購入者は香港人を中心とした海外バイヤーとなっております。


記事元
http://www.bangkokpost.com/business/news/1253098/origin-property-targets-top-five

【記者会見の様子】

5月19日の記者会見の様子

5月19日の記者会見の様子



オリジン社とプラウド社の共同記者会見


【パーク24 プロジェクト】


パーク24のロケーション

パーク24のロケーション



パーク24(PARK24 SUKHUMVIT)の完成CGイメージ

パーク24の完成CGイメージ



http://www.park24.co.th/en/


>>法人の皆さまへ


【オリジンプロパティーメールマガジン登録】
新規物件情報、プロモーション情報、タイ不動産ニュースなどを発信いたします。


 



【タイ不動産 エリア紹介】



更なるフロンティア プラクサ通りのご紹介
タイ不動産投資の注目エリア シラチャのご紹介
ベーリンで快適なタイ生活を
巨大マーケット サムローンの強みとエリア紹介
GPP2位 サムットプラカーンのご紹介
ノンタブリとバンコク北部のご紹介




ホーム プロジェクトリスト 会社概要 メディア情報 お問い合わせ

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: ニュース, メディア情報