サムットプラカーンのご紹介

LINEで送る
Pocket

[2013年12月21日(土)]
弊社のプロジェクトが集中しているサムットプラカーンはバンコクの隣の県にあたります。
なじみがない方もいらっしゃるかと思いますので今回はサムットプラカーンについてご紹介いたします。


◆タイ県民総生産で2位

県民GPP
サムットプラカーン県はGPP(県民総生産)がバンコクについで2位の豊かな県です。地名度のあるアユタヤーやチェンマイと比べても、また地理的に近隣のチョンブリーやラヨーンと比べてもGPPが高いです。

県内の産業としては特に自動車製造業の進出が盛んです。トヨタのヘッドオフィスをはじめ、ホンダ、いすゞ、日野といった日本企業の工場があります。その影響でデンソーといった二次請けの企業や他の自動車部品の三次請けの企業を多数抱えています。Bangpu(バンプー) Industrial Estate、Bangplee(バンプリー) Industrial Estateといった大きな工業団地もあります。日本以外の海外企業も多数進出しております。
この地域は駐在員(工場長/幹部クラス)、タイ人のワーカーへの住宅供給が不足しており質の高い住宅が求められています。
タイのトヨタ








進出済の主な外国企業 会社名 所在地 製品/サービス 従業員数
TOYOTA MOTOR THAILAND COMPANY LIMITED サムットプラカーン 自動車製造 日本 17,000
DELTA サムットプラカーン 電子機器 台湾 7,000
Nestle サムットプラカーン 食品/飲料 スイス 300
Panasonic Energy(Thailand)Co.,Ltd サムットプラカーン 電機メーカー 日本 700
A.P.Honda(Thailand)Co.,Ltd サムットプラカーン 自動車製造 日本 N/A
Hino Motors Manufactring(Thailand)Co.,Ltd サムットプラカーン 自動車製造 日本 3,000
Seagate Technology サムットプラカーン ハードディスク 米国 5,000
Isuzu Motor (Thailand) Company Limited サムットプラカーン 自動車製造 日本 N/A
トヨタピックアップトラック



またこのエリアはタイ湾に接している影響で伝統的にエビの養殖などの水産業が発展しております。
チャオプラヤー川 河口 船
さらにチャオプラヤー川の河口から海へとつながる立地、高速道路やスクムビット通りといったタイ国内の主要都市を結ぶ幹線道路、空の玄関口であるスワンナプーム国際空港をかかえていることから海運、陸運、空運のハブとしてタイ国内及び海外へ物資を輸送しています。

◆サムットプラカーンの中心地

サムットプラカーン県庁

ナイツブリッジ”スカイ リバー オーシャン”が建設予定地の最寄り駅サムットプラカーン駅(仮称)は県庁や土地局など行政の建物が近くにありこの界隈の行政上の中心地になります。BTSベーリン~バンプー間の工事は2016年の完成を目指し建設工事が進んでいます。

BTSスカイトレイン建設工事プーチャオ



◆まだ少ないコンドミニアムの建設

2013年現在ではサムットプラカーンでのコンドミニアム建設はバンコクと比べ非常に少ない状態です。一戸建て、タウンハウス、アパートは多数ありますがコンドミニアムはまだこれからというフェーズであると言えます。アパートに住んでいるタイ人ワーカーがコンドミニアムに居住形態を変える、バンコク都心に住んでいたエグゼクティブクラスが職住至近な環境を求める、地元の富裕層がコンドミニアムを購入するといった動きがみられます。


・AEC発足(2015年末予定)
・BTSスカイトレインの延伸(2010年代)
・多数のグローバル企業の工場や工場団地を多数抱えつつもコンドミニアム建設がまだ少ない=高い賃貸需要
・可処分所得の高いタイ人ローカルの存在


これらのことから2020年代を見据えたタイ国内の不動産(コンドミニアム)投資という側面でサムットプラカーンは期待の持てるエリアと言えます。


●AEC発足によるQアンドA
●THE NATION紙にオリジン社が紹介されました。”Kasikornbank takes cautious approach on property loans”
●タイのコンドミニアムの選定ポイント

*注 不動産投資を行う場合は個々の成果はの保証はございません。インフラ/法令関連の情報は変更される場合がございます。


【タイ不動産 エリア紹介】




バンコクのビジネスの中心 サトーンのご紹介
バンコク北部のハブへ チャトチャックのご紹介
更なるフロンティア プラクサ通りのご紹介
タイ不動産投資の注目エリア シラチャのご紹介
ベーリンで快適なタイ生活を
巨大マーケット サムローンの強みとエリア紹介
GPP2位 サムットプラカーンのご紹介
ノンタブリとバンコク北部のご紹介


ホーム プロジェクトリスト 会社概要 メディア情報 お問い合わせ


LINEで送る
Pocket

カテゴリー: ニュース