ノンタブリ(ティワノン~ケーライ)とバンコク北部(カセート~パホンヨーティン)のご紹介

LINEで送る
Pocket

[2015年6月5日(金)]
オリジン社のプロジェクトはバンコク東部~サムットプラカーン県に集中しておりますが、日本在住の不動産投資家にはまだあまり”なじみがない”かもしれないノンタブリ(ティワノン~ケーライ)とバンコク北部郊外(カセート~パホンヨーティン)のご紹介を致します。

ノンタブリ県

ノンタブリ県 グーグルマップのキャプチャ



ノンタブリ県はバンコクのすぐ北に位置し人口が約117万人おります。有名なランドマークとしましては大物外国人アーティストのコンサートやバンナーのBITEC同様、様々な展示会が行われるインパクト(Impact Muang Thong Thani)があります。

ティワノン-カセートマップ

ノンタブリ(ティワノン~ケーライ)とバンコク北部(カセート~パホンヨーティン)



◆沢山の政府系建物、大学、病院、オフィス

バンコク都とノンタブリ県の県境付近のバンコク、ラックシー区チェーンワタナ通りソイ7には政府総合庁舎(ガバメントコンプレックス)があります。広大な施設でバスが乗り入れるほどの大きさです。敷地内には外務省領事局(Department of Consular Affairs)や法務省(Ministry of Justice)など重要な建物があります。また、入国管理局(イミグレーション)があるため日本人等外国人も頻繁に訪れます。ノンタブリ県には保健省があります。パホンヨーティン通りにはロイヤル・タイ・アーミー・ケミカルデパートメントや王室林野局があります。

タイ空軍の化学セクション

タイ空軍のケミカルデパートメント



周辺には大学も多く、名門のカセサート大学が大きなキャンパスを持ち、ほかにシリパトム大学がカセート交差点付近にあります。
カセサート大学の入り口 広大なキャンパス

カセサート大学の入り口 広大なキャンパス



病院も多く、日本語対応可能なウィパワディ国際病院、広い敷地をもつ総合病院スリタンヤ病院、SET上場のノンタベジ病院、パホンヨーティン ソイ34にはマヨ病院等が周辺にあります。

オフィスビルはやや南(都心)へ行きますが主要な所ではラチャヨーティンエリアのラチャダーピセークロードにSCB(サイアムコマーシャルバンク)パークプラザ、ラップラオエリアのランシット通り沿いにはタイ航空などのオフィスなどがあります。

◆ショッピングモール

セントラル・ラップラオ、セントラル・ラッタナティベート、メジャーシネプレックス・ラチャヨーティン~スズキアベニュー、ザ モール、ユニオンモールといった大型モールやデパートがあります。近年リニューアルされて高級な雰囲気になったセントラル・ラップラオはこのエリアで最も賑わうモールのひとつです。またメジャーシネプレックスラチャヨーティンの奥にあるスズキアベニューはトンローのJアベニューのようなお洒落なモール(開発会社が同じ)でアイベリーやグレイハウンドカフェ、日本食ではフジレストラン、大戸屋、スーパーはヴィラスーパーがテナントとして入居しております。

ザ モール

ザ モール




◆ドンムアン国際空港

ドンムアン空港

ドンムアン国際空港の待合室



フラッグシップの航空会社の乗り入れはスワンナプーム国際空港となりますがLCC(ローコストキャリア)の乗り入れはドンムアン国際空港が中心となります。LCC業界大手のエアーアジアを始め、チェンマイ等タイ国内各地へ路線を持つノックエア、シンガポールへ向かうスクートなどが乗り入れております。



◆ベッドタウンとしてのポテンシャル

このエリアはコンドミニアム開発が盛んで既に完成済み、新築双方沢山のプロジェクトがございます。またムーバーン(日本でいうと一戸建て住宅が立ち並ぶミニ”ニュータウン”がイメージ的に近いかもしれません)も多くあります。上記オフィス、大学、空港などがあることから見ても県境にちかいノンタブリ県とバンコク北部は既に鉄道網拡大以前に開けてきた街であると言えます。カセサート大学は裕福な子息が沢山いますし、政府総合庁舎はかなり大規模な庁舎で相当数の公務員が働いております。空港や航空会社関係者もこのエリアに居住しております。

BTS MRT延伸マップ

バンコク首都圏メガプロジェクトマップ このページで取扱いの地域はこのマップの更に北西側



右に見えるのはノッティングヒルティワノンセールスオフィス 左が鉄道工事

左に見えるのはノッティングヒル・ティワノンのセールスオフィス 右が鉄道工事



このエリアでは6つの鉄道路線延伸計画があります。
  • MRTパープルライン(クルナイ~ヨットセー~タオブーン~ノンタブリシビックセンター~キロンバンパイ)
    *ノッティングヒル ティワノン 最寄りの「保健省」新駅(仮称)含む
  • MRTグリーンライン北部延伸(バーンプー~サムローン~ベーリン~ウドムスック~トンロー~アソーク~プルンチット~サイアム~パヤタイ~モーチット~カセサート~クーコット~イーストアウターリンク)
    *ノッティングヒル カセート 最寄りの「バンブア」新駅(仮称)含む
  • MRTピンクライン(ミンブリー~ラムイントラ~チェンワッタナー~ノンタブリシビックセンター)
  • MRTブラウンライン(サマゴーン~カセートナワミン~カセサート~バンケーン~ノンタブリシビックセンター)
  • SRT(タイ国鉄)ダークレッドライン(マハーチャイ~ウタカート~バンスー~バンケーン~ドンムアン~タマサート)
  • エアポートリンク延伸(スワンナプーム~パヤタイ~バンスー~バンケーン~ドンムアン)
*上記は計画です。変更がある場合があります

今までは北部からのバンコクの都心へのアクセスはランシット通り、パホンヨーティン通り等道幅が広い大通りやモーターウェイによる自動車利用もしくはMRTパホンヨーティン駅やBTSモーチット/MRTチャトチャック公園駅までバス等ででてそこからBTS/ MRTの利用が一般的でしたが、各延伸線の工事完了後、一層便利になります。また工事完了後の不動産価格上昇も期待できます。
北部からチャトチャック、ラップラオ、アーリー、アヌサワリー、パヤタイ、サイアム方面のアクセスは既に鉄道網ができているのでアクセスがしやすく、実需のための居住もあります。

しかし、改善を進めているとはいえ、このエリアは2011年のタイ洪水で甚大な被害を受けたことは留意する必要があると言えます。

ノッティングヒルカセートはカセサート大学のすぐ北にあり予約好調

ノッティングヒル・カセートはカセサート大学のすぐ近くにあるのとパホンヨーティン通り沿いであるため予約好調



・AEC発足(2015年末)
・鉄道路線延伸計画
・政府機関、病院、大学、大手企業等「安定した」層が多く居住


これらのことを総合して考えますとマーケットのコンドミニアム供給過剰について注意をする必要がありますが、タイ不動産(コンドミニアム)投資という側面においても将来性がありノンタブリ(ティワノン~ケーライ)とバンコク北部(カセート~パホンヨーティン)は期待の持てるエリアと言えます。2015年6月時点で既にノッティングヒル ティワノンは50%以上、ノッティングヒル カセートは約80%、2015年Q2にリリースしたナイツブリッジ スカイシティは2015年7月時点で90%以上が予約済みとなっております。

バンコク北部にある弊社プロジェクトに関しましてはタイ語/英語話者は直接セールスオフィスへの訪問、日本語での説明を受けたい方はこのサイトより事前アポイントメントにて見学対応が可能です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。


●オリジンプロパティー タイ不動産視察ツアー
●【完成】ノッティングヒル ティワノン
●【完成】ノッティングヒル カセート
●バンコクポスト紙にオリジン社が紹介されました。”Origin trails skytrain to presales success”
●ドンムアン空港近くの新プロジェクト「ナイツブリッジ スカイシティ」販売から1ヶ月半で約9割予約済!

*注 不動産投資を行う場合は個々の成果はの保証はございません。インフラ/法令関連の情報は変更される場合がございます。

【タイ不動産 エリア紹介】



バンコクのビジネスの中心 サトーンのご紹介
バンコク北部のハブへ チャトチャックのご紹介
更なるフロンティア プラクサ通りのご紹介
タイ不動産投資の注目エリア シラチャのご紹介
ベーリンで快適なタイ生活を
巨大マーケット サムローンの強みとエリア紹介
GPP2位 サムットプラカーンのご紹介
ノンタブリとバンコク北部のご紹介


ホーム プロジェクトリスト 会社概要 メディア情報 お問い合わせ


LINEで送る
Pocket

カテゴリー: ニュース