新プロジェクト「パーク・オリジン・パヤタイ」と「パーク・オリジン」のコンセプトのご紹介

LINEで送る
Pocket

[2018年9月13日(木)]

CEO 記者会見
先日、パーク・オリジン・パヤタイのプロジェクトの関する記者会見が行われこのプロジェクト及び弊社の最高級ブランド『パーク・オリジン』に関する紹介が行われました。

『パーク・オリジン』は

”A PERFECT LIVING PLATFORM(完璧な暮らしのプラットフォーム)”

をコンセプトに設計を試みました。


TECHNOLOGY TRANSFORMATION × ONE SPHERE COMPLEX  × THE SOUL OF NATURE



不動産に関わる新しいテクノロジーを導入 × 一つの球体のようにプロジェクト内で生活を楽しめる施設環境 × 自然に触れる体験
パーク・オリジン・シリーズはこれら3つをキーワードに不動産の開発を行います。

パヤタイのプロジェクトは複合施設プロジェクトでパーク・パヤタイ・オリジン(コンドミニアム1棟)とワン・パヤタイ(リテール・オフィス棟)から構成されます。
コンドミニアム棟は35階建て550ユニットのプロジェクトで24-35階にかけて約1800㎡の立体緑園(*壁や柱など垂直な面の緑地化)を施します。地上から約120メートルで高層コンドミニアムでありながら
数階上に上がるのみで自然の豊かさを楽しむことができます。

パヤタイはバンコク都心部でも今後の発展が期待されるエリアで既存のスワンナプーム空港-パヤタイ駅間のエアポートリンクを活かし、バンコク北郊のドンムアン空港-バンコク都心部のパヤタイ-マッカサン-サムットプラカン県のスワンナプーム空港-チョンブリ県のシラチャ-パタヤ-ラヨーン県のウタパオ空港を結ぶ高速鉄道の計画があります。現在もそうですが今後より一層交通のハブとしての役割が上がることでしょう。プロジェクトは大通りのパヤタイ通りに面し周辺には10を超える重要なオフィスビルがあります。隣駅のアヌサワリーチャイ(戦勝記念塔)駅付近を中心に大病院も多くあります。パーク・パヤタイはこれらの近隣のオフィスワーカーや住民の方をつなげるコミュニティを形成することを期待しています。

パーク・パヤタイ・オリジンはIoT(Internet of things)機能をもつホーム・オートメーションを採用しております。洗面所にはSMART MIRRORを採用しました。インタネットは光ファイバーで2000年代生まれのミレニアム世代にもきっと満足していただける仕様です。


パーク・オリジン・シリーズは

”LIFESTYLENISTA” ”MOBILITOR” ”TREND ADDICT”


都心部をアクティブに生活し、行動力があり、流行の発信に敏感な顧客層を意識した高級コンドミニアム・ブランドです。

【記者会見の様子】




≪パーク・オリジン特設サイト≫

https://www.parkorigin.co.th/


■パーク・オリジン シリーズのCM






■パーク・オリジン・パヤタイのCM


“MOBILITOR” Challenging. Energetic. Independent. Distinct [Sub ENG]



●パーク・オリジン・パヤタイ



■パーク・オリジン・トンローのCM


“LIFESTYLENISTA” Ever-Changing . Inventive . Adaptive . Manageable [Sub ENG]



●パーク・オリジン・トンロー



■パーク・オリジン・プロンポンのCM


“TREND ADDICT” Voguish . Swank . Groovy . Modish [Sub ENG]



●パーク・オリジン・プロンポン



【オリジンプロパティーメールマガジン登録】
新規物件情報、プロモーション情報、タイ不動産ニュースなどを発信いたします。


 



【タイ不動産 エリア紹介】




バンコクのビジネスの中心 サトーンのご紹介
バンコク北部のハブへ チャトチャックのご紹介
更なるフロンティア プラクサ通りのご紹介
タイ不動産投資の注目エリア シラチャのご紹介
ベーリンで快適なタイ生活を
巨大マーケット サムローンの強みとエリア紹介
GPP2位 サムットプラカーンのご紹介
ノンタブリとバンコク北部のご紹介




ホーム プロジェクトリスト 会社概要 メディア情報 お問い合わせ

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: ニュース